東京銀座達人株式会社公式。40代から美しく輝くために。ストレスは全くないほうがよいのでしょうか。答えはNO。東洋医学で「感情はどれもバランスよく出現するのがよい」とされているように、適度な緊張があるほうが、むしろ生き生きと活動できるのです。ドクターホソノ美容の達人・達人株式会社公式サイトで連載中。

連載コラム「美のリズム」
国際薬膳師 岡尾知子

vol.11
太陽は若さの敵?味方?
紫外線の過剰ケアに要注意

新緑が芽吹くこの時季は、一年の
中で最も過ごしやすい季節のひ
とつです。5月の二十四節気は、
「立夏」と「小満」。
春らしい陽気が増えてきたと思
ったら、暦の上ではもう夏がやっ
てきます。実は、この時季、ひと
足先に夏を先取りするのが紫外
線量です。気象庁のデータでは
紫外線量が急激に増えるのは5月。
夏至に向けて昼間の時間がぐん
ぐん長くなる月なのです。そこで
考えたいのが、紫外線対策です。

紫外線を浴びないほうが
美容にいいの?

紫外線といえばシミ、そばかす、
シワ、たるみなど、肌老化の原因
となる悪者…。これは、美容意識
の高い女性だけでなく、最近では
男性にとっても常識となってい
ます。特に、40代以降は、若い頃、
小麦色の肌がもてはやされた世
代。過去の日焼けがシミにならな
いように、帽子や手袋などですっ
ぽりと肌を覆っている人もいま
すね。でも紫外線は、本当によく
ないものなのでしょうか。

東洋医学では、自然界を牘↓瓩
猴朖瓩吠けて考え、それぞれが
拮抗、消長することでバランスが
保たれていると考えます。日光の
恩恵を受けられる春から夏は、外
に出て活動することが健康の秘
訣。それを行わないと体のバラン
スが崩れて病気になりやすくな
ると考えるのです。

日差しを浴びるメリット

カルシウムを作り出し
骨が丈夫に

骨は、新しい骨をつくったり、古
い骨を壊したりして絶えず代謝
を繰り返しています。新しい骨を
つくるには、骨の材料であるカル
シウムを吸収することが重要。そ
れに必要なのが、ビタミンDで
す。ビタミンDは、魚や干し椎茸
などの食べ物からも摂取できま
すが、紫外線を浴びると体内で生
成されます。

紫外線を極端にカットしてしま
うと、ビタミンD不足でカルシウ
ムが骨に沈着しにくくなってし
まうおそれが。女性ホルモンの減
少により、骨粗しょう症のリスク
が高まる更年期以降の女性には、
過剰なUVカットは考えものとい
えるでしょう。

セロトニンが分泌され
いらいらを解消

太陽光は、心身のバランスをとる
のに重要な働きをします。そのカ
ギを握るのが、メラトニン、セロ
トニンという2つのホルモンで
す。メラトニンは夜に分泌され、
睡眠を促すホルモン。体の修復を
行う成長ホルモンとも密接な関
わりがあります。セロトニンは
「幸せホルモン」とも呼ばれ、心
の安定を保つ働きがあります。

セロトニンは、朝、太陽の光を受
けると分泌が高まり、不足すると
集中力の低下、イライラ、うつな
どの原因になります。2つのホル
モンは、まさに東洋医学における
「陰」と「陽」の関係といえるで
しょう。朝いちばんにカーテンを
開け日光を浴び、午前中から外に
出て活動することが、良好な体内
リズムと心身のバランスにつな
がるのです。さらにメラトニンは
質に高い眠りにも関与します。

紫外線の害を防ぐには…

そうはいっても過度な日焼けな
どは、老化を進行させるのでおす
すめできません。では、どうすれ
ば太陽の恩恵を賢く受けられる
のでしょう。

サングラスで日差しをカット

まず意識したいのが目から入る
太陽の光です。紫外線は、皮膚だ
けでなく目にも影響を与え、ドラ
イアイや白内障などの眼病の原
因となります。目の老化を早める
ことにもつながるので、日差しの
強い季節、時間帯はUVカット効
果のあるサングラスをかけまし
ょう。

露出部分は日焼け止めを

紫外線を無防備な状態で浴び続
ければ、シミやそばかす、シワ、
たるみなどの原因になります。と
くに顔、首すじなどには、日焼け
止めを塗ることを心がけてくだ
さい。

手のひらを太陽にかざす

ビタミンDをつくるために必要
な紫外線を効果的に取り入れる
なら、てのひらがおすすめです。
夏なら15分程度、手のひらを太
陽にかざすと、日焼けを気にする
ことなく、ビタミンDをつくるこ
とができます。

抗酸化作用のある食品を食べる

紫外線をたくさん浴びると、老化
の原因となる活性酸素が発生し
ます。それを防ぐためには、抗酸
化作用のある食品を摂ることが
大切です。

ビタミンなら、βカロ
テン、ビタミンC、ビタミンE。
ベリー類やワインに含まれるポ
リフェノールなどにも抗酸化作用
があります。特に日差しの強い
これからの季節は、フルーツや夏
野菜をしっかり食べたいですね。

体にとってメリットも大きい太
陽の光。心も体も「美しく若く」
を目指すなら、紫外線の害を防ぎ
ながら、お日様の恵みを味方につ
けるのが正解です。紫外線を正し
く理解して上手に太陽と付き合
っていきましょう。

岡尾知子
国際薬膳師

「ロータス薬膳教室」主宰。美容・健康ライターの仕事を通じ東洋医学に関心を持ち、薬膳、漢方を学ぶ。講師活動のほか、雑誌、WEBなどで、暮らしに役立つ薬膳や養生に関する情報を発信する。